スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
「ネグレスト」と「ネグレクト」
前回の記事を書いた後
介護福祉士の同居人に

『ネグレスト?ネグレクトやで(笑)』

と言われましたが

「ネグレクト」は
無視する、放置する、などの意味の英語「neglect」で

「ネグレスト」は
医学用語で、養育の怠慢・放棄
養育しないといけない立場の者が
それを放棄するような状態のこと

と、調べた上で
「ネグレストの末に・・・」
と致しました

同じ様な疑問を持たれた方も
いらっしゃるかな~?と思い
念の為、書き記しておきますね




さて・・・

事件発覚から日が立つにつれ
色んな情報が出て来ましたね

前回の記事に頂いたコメントに
「虐待の連鎖」について
お二方が書いて下さいました


やっぱり、
この母親も父親より
「ネグレスト」をされて
育った様です・・・


父親は教育者であり
スポーツの指導者でもありました


でも、自分の子供へは
「ネグレスト」をしていた

社会的に
立場のある人間が
必ずしも聖人君子とは限りません

政治家しかり
警察官しかり
学校の先生しかり
医者しかり

自分の利益しか考えない人間は
何処にでもいます

皆が皆、

人の為
社会の為
国の為

・・・と考えていたなら
争いや事件は起きないでしょう


クックさんのコメントにある様に

>この国は心の教育を捨て、
>自分さえよければという恐ろしい生き方を
>次の世代に押しつけてきた結果が、
>今出てきてると思います

まさに、その通りでしょう


今の世の中
優しい子は損をします

そうです、
短いスパンで考えると
確かに損なんですが・・・

最後に勝つ子(人間)は
やはり、「優しい子」なのでは無いでしょうか


優しい心は
「優しい子育て」をされないと
育ちません

我が子に対して
本当の意味での
愛情が無ければ
厳しくも出来ませんし
優しくも出来ません


スーパーやファミレス
電車やバスなどで
行儀の悪い子は
「この親にしてこの子あり」
「親を見れば子が分る」
の典型ですよねぇ・・・

あ~こういう親に育てられた子は
大人になっても行儀悪いままやろうなぁ~
・・・と子供が気の毒になります


人の迷惑には鈍感で
自分の迷惑には敏感な
「自分さえ良ければ」な
人間になって行くんですね~



もうね、
「子ども手当」とか
やってる場合じゃ無いですよ

そんな事に
お金をばら撒いても
何にも変わりませんよ


離婚は
親のエゴかも知れません

しかし不幸にして
片親となってしまった
お父さんやお母さんが
安心して子供を預けられる

「医療付き24時間対応の公的な託児所」
を、作る事に「子ども手当」の財源を
充てて欲しいです

まぁ、全く足りないでしょうけど・・・
他の“無駄”に使われている財源も
こちらに充てれば可能でしょう


「医療付き24時間対応の公的な託児所」

いくつあれば足りるのか?

大都市でしか作れないのか?

地方では無理なのではないか?

既存の保育園や幼稚園は
入園者が減るのではないか?


出来無い理由
やらない理由は
全て、大人の都合では無いか・・・


本気で子供の命を救いたい!!
と大人が思わなければ
何も変わらない・・・


夫婦揃っていても
子育ては大変なことです

育児ノイローゼになり
誰の助けも得られない親が
そこを利用出来れば・・・

「世間の目」によって
そこを利用する事が
「恥ずかしいこと」と
思わないで済むように・・・

少しの手助けによって
子育てが苦痛で無くなれば
虐待は防げるのでは無いか・・・


こんなブログは
「机上の空論」に過ぎません


でも、前回の記事は
7/30 22:52にUPしたにも関わらず
その日の内に25名の訪問者がありました

翌日には69名の訪問者があり・・・

キーワード検索で引っかかったのか?
この事件の関心が高かったのか?
多くの方に読んで頂けました


普段は10名前後の訪問者なのに、です


前回のブログの記事に
コメントを下さったお二方の様に
一緒に考えて下さる方も居るかも知れない

お二方のコメントと共に
本当に励みになりました


ウチの同居人が

『無償の愛は本来、親が子に与えるものと思うけど
実は“子供”が親に与えてくれるんやろなぁ・・・
子供が親を思う愛こそが“無償の愛”やと思うわぁ~』

と言っていました

本当に、その通りやと思います


ホストと一緒に遊んでいたこの母親・・・
そんな愛は与えるだけの虚しいものでしょう

本当の大きな愛に気付けずに
大切な子供を亡くしてしまって
生きていればその子供から
受けられたであろう“無償の愛”を
もう二度と受けられないんですから




人間としての根本が
腐って来てしまった
今の世の中・・・

その結果が
昨今の無差別殺人や
児童虐待殺人を生み出しています

優しさを知らずに
育った不幸な親の為に

その親に育てられて
同じ様に優しさを知らずに
大人になってしまう子供に

「国」が「親」となって
「優しさ」を伝授して下さい

社会福祉とは
本来、そう言った意味の
制度ですよね?


なんでも


かね
カネ

そんな世の中にした
その責任は

誰が取るんですか?











万葉さくら
















スポンサーサイト
【 2010/08/03 14:08 】

日々思うこと | コメント(9) |
<<無神経で無関心な世の中で・・・ | ホーム | ネグレストの末に・・・>>
コメント
--- また長くてスイマセン[s:20305] ---

実はうちの子供(男子二名)達だって
成長したとはいえ、まだまだ不安定です
彼らが将来、家庭を持った時に
我が子への虐待があるかもしれない
と、ふと頭をよぎる理由は

父親からDVを受けた子供達だからです
今思うと昨今の虐待事件に比べれば
しつけの範囲なのかもですが

長男が、父親からやられると覚悟した日
服に段ボールを忍ばせていたこと、
ストレスから一日中手をゴシゴシ洗うようになったこと
そして私自身が
自分に向かわず子供達へ向いた暴力に
どこか安堵したこと!
それに気がついた時、三人で家を出ました

夜遅くまで働き
疲れた心身の私は、家事がおろそかになり
育ち盛りの子供へコンビニ弁当が続いた事もあります
飲みに誘われてハジケた時は子供の事を忘れた時もあります

この事件の子供達はあまりに幼い
なのに孤立した母親に手を差し伸べる大人は居なかった
もしかしたら誰も信用せずに頼りたくもなかったのかもしれない
自分一人で何としてでも育てると決意し
生活の為、家族が生きる為に
収入のいい仕事を選んだのかもしれない
体を酷使してお金を稼ぐ事や育児に疲れ、
ホスト遊びの時だけが何もかも忘れられて。。と、
この母親を弁護するわけではないですが
どうして誰も子供達を救えなかったのか?と悔しい思いです

母が、道で会った友人に私のことを
歳の離れた妹よと
目の前で言ったこと、未だに忘れません
出掛けると暫く会えなくなる母を
裸足で泣きながら追いかけたこと
思い出すと今でも悲しい
だけど私には叔母さんが救いでした
心から心配してくれる人がいるだけで
強くなれました
そんな人がこの幼子の母親にも居たならと思います


やり場のない憤りを児童相談所にぶつけて
みたところで何も終わらない

もうここまで変になったんだもの
折り返してもいいんじゃないでしょうか
やはりさくらさんの言われたように
国が皆が優しく助け合わないと

そうださくらさん一緒に
昔のおせっかいおばさんを目指しましょう

私は嫌われてもいい
子供が救われるなら。。。
クック * URL [編集] 【 2010/08/04 17:11 】
--- クックさんへ^^ ---

コメントありがとうございます<(_ _)>

長いコメント大歓迎です!!
私もコメントが長いので^^


コメントを拝見し・・・
長男さんのお父さんへの対応が
ある意味、生きる知恵と言うか
やられる覚悟を決めていることに
潔さと言うか男気を感じてしまいました

本当の所は長男さんにしか分りませんが
きっと、自分が矢面に立つことで
クックさんを守っていたんだろうな・・・
と、思うのです

子供さんへのDVは
クックさんへのDVと同じことです
私はそう感じました


私が定時制に通っていた頃
クラブの後輩がクラスで殴る蹴るの
イジメに合っていた時、私は後輩に

「腹にマガジン(雑誌)を入れて受けて立て」
と言いました

「殴る奴の目を見て殴られろ」
とも言いました

逃げても、イジメは無くならないし
イジメる側が余計増長するからです

後輩は、受けて立ち・・・
イジメている側は
その内面白く無くなったのか
後輩を標的から外しました

今、私が
自分の甥に同じ事を言えるか?
と言えば複雑です・・・

昨今のイジメの構図は想像を絶するからです

もし、甥がそういったことで
親にも言えず辛い思いをしていたら・・・

「伯母ちゃんなら、こうする」
と言ったアドバイスは出来ますが
正直、私に何が出来るのか?
口ばっかりな、私がここにいます・・・


話を元に戻します

私の場合は中学生の頃
酒乱だった父親に殴られてる母親を庇い
私が包丁を持って父に向かって行った
事がありますが・・・

母から
「どうしようもない不良娘になった・・・」
と言われました・・・

私の母は
そう言った状況の家に私を縛り付けました


>それに気がついた時、三人で家を出ました

・・・クックさんの取られた行動は
私が母に取って欲しかった行動でした

今思うと・・・
母は父に依存していました
小学校もロクに通えず読み書きすら
ままならない母には働く、と言っても難しく
私と弟を連れて家を出るなど到底無理で
じっと耐えていたんだろうなぁ~と思います

私も、手をゴシゴシ異常なほど洗う子でした
そんな私のサインに母は・・・
『水道代がどんだけかかると思ってんねん!!』
と言い捨てました

ホンマ、家が辛かったです


クックさんは子供の為に家を出た

結果、子供に手をかけられなかった時期が
あったとしてもお母さんが何の為に働いてるか?
子供さんたちは、よ~く分かっていたと思います

でも、寂しさから反抗してしまう・・・

そして、ここでも
子供さんのサインを見逃さず
仕事をセーブされたじゃないですか・・・

それに、やはり旦那さんが
子供さんとクックさんを不器用ながら
見守って来られたこと・・・

それに対し、
クックさんが意固地にならなかったこと
そういうことが大きいんですよね

子供第一だったんだなぁ~って思いますもん


幼少時代に
御自分のお母さんに娘として扱われなかったこと
どんなお母さんでもたった一人の母親として
幼いクックさんが母を求めて泣いたこと・・・
お母さんの育った背景を考えると
今では何故そうしたか?少しだけ理解出来ますね

でも、
「自分は絶対子供に辛い思いはさせない!!」
って、心に決めて強く生きて欲しかったですね


クックさんは「負の連鎖」を見事に断ち切られた

それには・・・
クックさんの幼少期に叔母さんが与えてくれた
無償の愛がどれだけ支えになったことでしょう・・・

クックさんも
叔母さんに無償の愛を与えていたんだと思います

子供には母親は絶対的存在ですが
周りの大人が本気になって
目の前の幼い命を守ろうと思えば
血の繋がり以上の絆を持てると思うのです

現世での血の繋がりは無くとも
出逢えた(関われた)時点で何らかの
“魂”の繋がりがあるのだと思います

身内が身内に冷たいのはよくあることで・・・
他人様の方が時に温かいこと、
私の人生でもたくさん経験しました

きっと、前世での繋がりがあったのだと思い
“魂”の繋がりを大切にして行きたいと思います

あ、私は宗教は全く信じていませんけどね(笑)


この事件のお子さんたちは
本当に短い人生でしたが
多くの気付きを残して下しました

お子さんを守るには
まずお母さんを守らないといけない
とも思います

私も「おせっかいおばさん」になります!!

とは言っても
子供さんの“SOS”を見付けるのは
現実問題、難しいのかも知れない・・・


まずは、自分の周りから・・・
これから、母親になるであろう私の職場の
若い子たちに愛情を持って接したいと思います

「自分さえ良ければ」な世の中で
他人からの愛情を知ることが出来れば・・・

イザという時、近くの他人に
“SOS”を出してくれるかも知れないから・・・
万葉さくら * URL [編集] 【 2010/08/05 14:30 】
--- 暖かいお返事ありがとうございました ---

落ち込んで泣いているだけの時は辛いです
体当たりで真っ向勝負してるといつのまにか
打破できるもんですね
ていうか頭悪いのが幸いです
即行動に移しやすいです


>そんな
 当たり前の事が
 当たり前に出来る
 人間でありたいと思う

まさしくです
どうしてそんなに辛く生きてしまうの?
ほんとは簡単で自然なこと

ぴったりの曲を見つけました
私が死んだら
家族葬でこの歌を流してもらって
子供達に見送ってもらおうと決めました
一つ夢ができました(笑)
アイドルグループのギフトていう曲です
なんど聞いても号泣します
今度カラオケでお聞かせしますよ
いらねー!って
さくらさんのお顔浮かびます
クック * URL [編集] 【 2010/08/06 14:19 】
--- クックさんへ^^ ---

お返事が遅くなってスミマセン><;

いやぁ~本当に
人間、動いてナンボですよ~(笑)

>体当たりで真っ向勝負してるといつのまにか
>打破できるもんですね

・・・本当にそうです!!


そうだ 俺たちは
人間だもの
二人の身体には
血が流れているから

↑これは、
私の大好きな歌手の唄の
歌詞の一節です

血の通った
「にんげん」同士

血の通った
解決策があるはずなんです



あ、家族葬ですが・・・

無宗教の方は
「音楽葬」を
選択されたりするそうですよ♪

>アイドルグループのギフトていう曲です

・・・早速聴いてました!!
ステキな曲ですね♪

お母さんへの
感謝の唄ですね☆

深い愛情が感じられます^^


是非是非!!(笑)
でも!!
泣かずに歌えるかなぁ~??(笑)

万葉さくら * URL [編集] 【 2010/08/11 11:21 】
--- ---

ネグレストなんて言葉はありません
いいかげんなこと書かないように。
(´・ω・`) * URL [編集] 【 2011/10/11 14:40 】
--- 218-223-47-254.nplus-net.jp (´・ω・`) さん ---

> ネグレストなんて言葉はありません
>いいかげんなこと書かないように。

「ネグレスト」は
医学用語で、養育の怠慢・放棄
養育しないといけない立場の者が
それを放棄するような状態のこと

と、書いてますが?
日本語読めますか?
万葉さくら * URL [編集] 【 2011/10/11 21:41 】
--- ---

古い日記に今更マジレスしますが…

ネグレクト→無視する、転じて育児放棄する

このネグレクトという動詞(名詞もあり)の行為をする人のことをネグレストと呼ぶ場合がある、そういう話なので

育児放棄という行為態様をネグレクト
そのネグレクトをする人間をネグレスト

と使い分けたらいい話かなと

レースをする人間をレーサーと呼ぶのと同じですよ
* URL [編集] 【 2012/03/10 20:31 】
--- ---

なるほど!!
そういうことですね
分かりやすいレス
ありがとうございます
万葉さくら * URL [編集] 【 2012/03/11 09:01 】
--- 承認待ちコメント ---

このコメントは管理者の承認待ちです
* [編集] 【 2016/09/23 08:06 】
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。