スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【 --/--/-- --:-- 】

スポンサー広告 |
食品廃棄
コンビニの

お弁当
おにぎり
お惣菜
パン・・・

毎日どんどん捨てられてる

コンビニだけじゃないけど・・・
この国の食品廃棄は如何なものか??

自国で食料を殆ど作り出せない国が
膨大な量の食品を捨てている矛盾・・・


廃棄される弁当などを
無料で譲り受け、それを再利用し
300円で定食として出している店があると言う

コンビニからは
消費期限ギリギリで引き取るのだから
その定食は安全なのだろうか??
使い回しはされないのだろうか??


見切り販売を禁止されているコンビニだが
それを実行するお店もあるようだ

誰だって、安ければ消費期限ギリギリでも買うだろう
正規の値段なら・・・
つい消費期限の長い物を買いたくなる


コンビニのお弁当は廃棄分を見越して
値段が付けられている、と聞いた
だから販売価格が高めなのだと

廃棄が出る事より
売り切れを出さない事が重要だから
仕入れが多めになるのだと


見切り販売

大賛成である^^

賢い消費者と
賢い経営者が
少しでも食品廃棄を減らせたら・・・


このままだと

「もったいないオバケ」が出ますよ~




万葉さくら







~補足①~

「多くのコンビニで特異な損益計算方法がまかり通っている。
コンビニ本部は、加盟店の売り上げに伴う利益の一定比率を
「チャージ」などと称して天引きする。売れ残り品はどうなるか。
これは事実上、仕入れ原価で加盟店オーナーが買い取り、廃棄している。
つまり、コンビニ本部は売れ残りのリスクや損失は負担せず、
売れた品物だけから上前をはねる構図だ。 」


・・・と言う事らしい;
そりゃ、値下げして欲しくないわな~

廃棄がどれだけ出ようと
コンビニ本部の腹は痛まない訳だから・・・(怒)


~補足②~

「(株)セブン-イレブン・ジャパン
(本社:東京都千代田区、井阪隆一社長)は、
6月23日、7月度から廃棄ロス(食品廃棄)
原価の15%を本部が負担すると発表した。」


原価の15%ですって~^^;
儲かってるのにミミッチイですなぁ・・・

余程、定価で販売させたいんだね(苦笑)



スポンサーサイト
【 2009/06/23 12:39 】

日々思うこと | コメント(0) |
橋下知事
とうとう、自民党公明党を見限ったね~

民主党に近寄り
自らの改革を全うしようとしている

私はそれでいいと思う

民主党が良い政党なのか?
それは別問題だが

腐った自民党公明党は
大阪府民には必要無いのだ

選挙で応援して貰った??
それがどうしたと言うのか??

間違いに気付いたら正すのが正義である
それが出来ないシガラミ知事が
大阪を腐らして来たのだ


その内、公明党(創価学会)は喚くだろう・・・
「我々が勝たせた知事である」と

あのね、公明党(創価学会)さん
アナタ方は本当に盲目に選挙運動をしますね~
アナタ方が勝たせた前太田知事の責任をどうお考えですか??

アナタ方にお願いされ
投票した有権者は裏切られたのです

それでも、又、橋下知事の応援をお願いされ
有権者は投票したのです
今回の橋下知事の行動を
有権者の声で批判されるならともかく
アナタ方が有権者の代表の様に言われたくない筈です

ただ、橋下知事は
アナタ方が応援したから当選したのでは無いです
有権者は自分で考えることが出来ないからです
特に公明党を支持する創価学会の人たちはね


私は橋下さんに投票しませんでしたが
彼の頑張りは少しずつ理解出来る様になりました


シガラミに雁字搦めにされて
何も出来ない知事はもう要らないのです





万葉さくら








~追記~

何と言っても・・・橋下知事の本心は
近い将来“消費税増税ありき”のお考えの様ですが
何処まで無駄を削って行けるか?が問題であり
私の様な貧乏人でも納得が行く様な改革をお願いします



【 2009/06/18 14:53 】

日々思うこと | コメント(0) |
上司の思惑、部下の思い
※ここで言う「上司」とは
お店で言う店長とか
そのくらいの役職の事です


一番下っ端のパート従業員は
店にとってただの“駒”
いくらでも代えの利く人材

経営者は
このパート従業員が
自分の店を辞めた途端
“お客様”になるのだと言うことを
どれだけ意識しているだろうか??

自分が信用して任している
“店長”がパート従業員に対し
心無い扱いをしていたら
人材を失うだけでなく
お店の信頼も失うし
クチコミで悪い噂はすぐ広まるでしょう


パートの面接に来た人は・・・
その時点では今後“お客様”になりうる人です
すでにお客様である人かも知れません

その人に“お客様”に対する対応と
同じ様に接する事が出来る
従業員がいたら・・・
そのお店の印象はどうでしょうか?

例え、その面接に落ちたとしても
お店に対して好印象は残ります

そこで、悲しい対応をされ
しかも落ちたとしたら・・・
お店の印象はガタ落ちでしょう

その人は二度と“お客様”にはなってくれないでしょう


とかく、軽視されがちな
パート従業員ですが
一番、第一線で接客してるのも
パート従業員なんです


一番弱い立場の人間が
一番お店の為に働いている

自分の仕事をしながら
正社員の研修などもしている


でも・・・
正当に評価されることは無いのです
いつでも代えの利く“駒”なのですから


上司は部下を知るのに3年かかり
部下は3日で上司を知る

どなたかのブログで拝見した言葉です


それぞれの立場で
それぞれの思いがある・・・

でもお互い“人間”なんです
精一杯“生きて”いるんです

ホンの少しの思いやり・・・
「自分がされて嬉しい事を人にしよう」

それが当たり前に出来る上司の下に
いい人材は集まり
アナタを支えてくれるでしょう




万葉さくら







【 2009/06/16 15:31 】

日々思うこと | コメント(2) |
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。